Pocket
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg

バイアグラは、EDという男性にとってはとても辛い症状を改善させるまさに夢のような薬でした。

しかし、効果が高い分副作用もあり、同時に人によっては深刻な健康被害を受ける恐れもあるため必ず医師の処方を受けてから使用するのが好ましいのです。

昨今、インターネットの個人輸入なのでジェネリック医薬品などの海外産のものを購入することができるようになってはいますが、偽物である可能性も高く、本物でも医師の処方を受けていないと危険がありますからね。

バイアグラが使えない人

この治療薬は、とある条件下において服用することができない人がいます。
まず、一番は心臓に何らかの疾患を抱えている人ですね。

このED治療薬は、血管拡張を行うものなので心臓への負担がかかるため心臓疾患に悪影響を及ぼす可能性があり危険があるということで服用することができないのです。

ほかにも、硝酸剤や一酸化窒素供与剤などを投与している人も服用できません。
これらの薬と併用してしまうと、血圧を極端に下げてしまうため非常に危険なんです。
後は、肝機能障害がある人や低血圧の患者さんや、治療で管理されていない高血圧の患者さんも同様にこのED治療薬を処方することはできません。

後は、実は未成年者にも処方することができないので注意しましょう。

過去の症状にも気をつけて

現在は治療していないとしても脳梗塞や脳出血、心筋梗塞が6カ月以内にある人でも処方はできないようになっています。
どちらも、バイアグラの血管拡張によって治療されていたものが再発してしまう危険性があります。
なので、これらの症状が6か月以内に起きている人は自己判断でも決して使用しなように気をつけてください。

他には、網膜式質変性症というちょっと珍しい症状だと診断されている人も同様に使用してはいけません。
また、それ以外にも心血管系障害を持っていたりと性行為自体が危険、あるいは不適当だと思われるような人もこのED治療薬を使うことができないので要注意です。

ED治療というのは、今は薬でどうにか症状を改善することはできるのですが、その薬を使うのにも条件が必要だったりしますので、健康のためにも自己判断で勝手に使わないようにしましょう。

Pocket
Bookmark this on Delicious
Bookmark this on Digg