Pocket
Delicious にシェア
[`evernote` not found]
Digg にシェア

バイアグラというのは大人ならば使ったことのあるなしにかかわらずその名前ならば誰でも聞いたことがあるくらいに有名な医薬品だと思います。

それだけ、この薬がED治療薬として世の中に浸透しているということなのですが、その歴史については知らない人のほうが多いかと思います。

歴史自体は、この医薬品の効果などに特に関わりがあるわけではないのですが、その出来上がりの形と経緯を知ることで正しい効能を知ることができるでしょう。

知っていますか?

実はバイアグラという薬がED治療薬の効果があるとわかったのは偶然なんです。
そもそも、本来この治療薬は実は勃起治療の薬として開発されたものではなく、狭心症の治療薬として試験的に開発が行われたものだったんです。

実際、狭心症の治療には血管拡張などが効果がありバイアグラも同様の効果がありますので決してアプローチとしては間違っていないのですが、この治療薬は心臓に負担がかかります。

なので、狭心症の治療薬としてはなかなか成果が得られなかったので試験段階で中止されたんです。
しかし、治験者から予備薬の返却がなく要求にも返却したがらない人が増えたんです。

そして、その理由の調査によって勃起の補助作用があることがわかり、勃起不全の治療薬として新しく方向性を変える形で開発が行われたんです。

未だ現役の勃起障害治療薬

人類史上初の勃起不全の治療薬であるのですが、ここ最近でED治療薬というものはどんどん利便性などが進化して新しいものができています。

しかし、そういった新薬の開発に埋もれることなく現役のED治療薬として活躍しています。

それだけ、この医薬品は偉大なものでありその効果の大きさも新薬に負けないほどのものだということなんですね。
ED治療薬としては最も歴史が長いものではあるのですが、それでも医薬品の歴史からすればまだまだそれほど長い歴史があるわけではありません。

先ほども言った通り、この薬には血管拡張の効果があるのですが実は未熟児のNO不足の治療などにも使われていたりと、ED治療薬としての効果以外でも効果があるなどかなり優秀な医薬品なのです。
ED治療に悩んでいる人は、ぜひともこの薬を一度使ってみてほしいですね。

Pocket
Delicious にシェア
[`evernote` not found]
Digg にシェア